AkisaMiyona’s Blog

放送大学とナルコとパンと

アキサ ミヨナのブログ
今日はどんな1日でしたか?

じゃこ焼きおにぎり

私にとって焼きおにぎりとは、白いご飯のおにぎりを焼いて醤油を塗り、網の上で香ばしい焼き目をつけたものでした。

子供を持ってからは、焼きおにぎりはこのスタイル。

f:id:AkisaMiyona:20180105090434j:plain

じゃこを太白ごま油(透明)で炒め、醤油を加えて香ばしい香りを立たせたら、火を止めてご飯を加える。

f:id:AkisaMiyona:20180105090719j:plain

瓶詰め(クラシコ・トマトソース)のふたを用意。

f:id:AkisaMiyona:20180105090748j:plain

ラップを敷いてからご飯をギューギューと詰めて

f:id:AkisaMiyona:20180105090820j:plain

ライスバーガーのご飯みたいな形に。
テフロンのフライパンで焼いたら出来上がり。

油のおかげで表面がカチカチになりません。
子供でもとっても食べやすい。
冷めても美味しい。

ご飯がたくさん余ったときに、たくさん作って冷凍しておくと便利。
子供たちの「お腹空いた。なんかない?」に対応できます。

(^_^)v

個人的な好みとしては、やっぱり白いご飯の焼きおにぎりのほうに軍配、かな。
醤油じゃなくて、味噌を塗った焼きおにぎり。
あまりしょっぱすぎない味噌が合う。
麹が多めの、やや甘めの味噌を塗ったら、グリルかオーブントースターでこんがりと。

グローバル化と私たちの社会 8

環境共生建築の実現に向けてーグローバル化の光と影

【予習】キーワードと重要語句を自分の言葉でまとめる
【復習】参考文献を読む

《キーワード》
地球環境
環境共生建築
バナキュラー建築
国際建築様式
気候・風土
グローカル
IT技術
地産地消
ライフスタイル

《重要語句》
(巻末索引に掲載されている語句。語句(ページ数)の順)
地球環境時代(119)
環境負荷(119)
ヒートアイランド現象(119)
持続可能な(サステイナブル)社会の構築(120)
サステイナブル建築(120)
ライフスタイル(120)
環境共生住宅(121)
環境共生住宅認定制度(121)
地球環境問題(122)
資源・エネルギー問題(122)
住宅問題(122)
地球環境の保全(123)
周辺環境との親和性(123)
居住環境の健康・快適性(123)
ライフサイクル(124)
環境共生建築(124)
グローバリズム(124)
市場主義(124)
地域のアイデンティティ(126)
ローカリティー(126)
国際建築様式(126)
グローカル(グローバル+ローカル)・アプローチ(126)
IT技術(128)
地産地消(128)
グローカル(128)
アジェンダ21(128)
バナキュラー建築(128)
風土(128)
国際建築(128)
世界の建築機構図(130)
PLEA(Passive and Low Energy Architecture)国際会議(130)
建築生産(132)
社会システム(132)
エネルギー消費(132)
IT化(133)
ネットワーク化(133)
電子メディア(133)
場所性(133)
ローカル・コミュニティ(133)
グローバル・コミュニティ(133)
地域通貨(134)
国産木材(134)
ライフサイクルアセスメント(134)
LCA(134)
カーボンニュートラル(134)
大量生産(135)
大量流通(135)
大量消費(135)

《参考文献》
『新版 環境共生住宅A-Z 低炭素社会の住まいづくりガイド』環境共生住宅推進協議会編,ビオシティ,2009(12-13頁)
『新版 環境共生住宅A-Z 低炭素社会の住まいづくりガイド』環境共生住宅推進協議会編,ビオシティ,2009(46頁)
『シリーズ地球環境建築・入門 地球環境建築のすすめ』第2版,日本建築学会編,彰国社,2009(26頁)
『建築雑誌』Vol.129,No.1654,木村建一,日本建築学会,2014(「第3部 論考/形態は環境に従う」30-31頁)

f:id:AkisaMiyona:20171202220620j:plain

 

グローバル化と私たちの社会 7

グローバリゼーションが環境に及ぼす影響

【予習】キーワードと重要語句を自分の言葉でまとめる
【復習】参考文献を読む

《キーワード》
気候変動
国際航空輸送
国際海運輸送
バーチャルウォーター
ウォーターフットプリント
バラスト水
有害廃棄物の越境移動
電子電気機器廃棄物

《重要語句》
(巻末索引に掲載されている語句。語句(ページ数)の順)
公害問題(101)
温室効果ガス(102)
Co2排出量(103)
国際海運(103)
国際航空(103)
地球環境問題(103)
地球温暖化(104)
バラスト水(104)
外来種(104)
バーチャルウォーター(105)
水資源問題(105)
ウォーターフットプリント(106)
食料自給率(108)
生物多様性(109)
生態系(110)
有害廃棄物(113)
越境移動(113)
バーゼル条約(113)
電子電気機器廃棄物(e-waste)(114)
ポリ臭素化ジフェニルエーテル(115)

《参考文献》
『WEPAアウトルック アジアの水環境管理 2012』環境省,IGES,2012,
『平成25年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書』環境省,2013
『新訂 環境工学』岡田光正,放送大学教育振興会,2013
『用水と排水』53巻10号(「『船舶のバラスト水及び沈殿物の規制及び管理に関する国際条約』(バラスト水管理条約)について」久保田秀夫,40~49頁)
『用水と排水』53巻10号(「大型船舶のバラスト水により越境移動する海洋生物対策とその課題」大村卓朗,福代康夫,50~56頁)
『用水と排水』53巻10号(「バラスト水による動物プランクトンの導入と定着の実態」大塚攻,黄長江,商栩,W.Kimmerer,徐浩榮,65~69頁)
『廃棄物資源循環学会誌』22巻2号,2011(「バーゼル条約に関する環境省の取り組み:アジア地域における取り組みとバーゼル条約の最新動向」本田俊一,117-124頁)
『廃棄物資源循環学会誌』22巻2号,2011(「途上国の経済発展とバーゼル条約」小島道一,140-147頁)
『廃棄物資源循環学会誌』22巻2号,2011(「不適正なE-waste処理に伴うポリ臭素化ジフェニルエーテル汚染の現状と課題」梶原夏子,滝上英孝,159-168頁)
『廃棄物資源循環学会誌』22巻2号,2011(「ベトナムE-waste処理地域における臭素系難燃剤およびダイオキシン類縁化化合物の人体汚染と曝露実態」高橋真,N.M.Tue,P.H.Viet、田辺信介,169-179頁)

 f:id:AkisaMiyona:20171202220620j:plain

 

グローバル化と私たちの社会 6

グローバリゼーションが農業に及ぼす影響

【予習】キーワードと重要語句を自分の言葉でまとめる
【復習】参考文献を読む

《キーワード》
TPP
イギリスの覇権
アメリカの覇権
EU
ASEAN
アジア力
ものづくり
情報革命

《重要語句》
(巻末索引に掲載されている語句。語句(ページ数)の順)
TTP(環太平洋経済連携協定)(77)
イギリス東インド会社(78)
産業革命(78)
世界の工場(78)
商品(物財)貿易(79)
パクス・ブリタニカ(79)
自由貿易帝国主義(79)
グローバリゼーション(80)
EC(80)
マーストリヒト条約(80)
欧州連合(80)
EU(80)
東南アジア諸国連合(80)
アセアン(80)
情報革命(80)
ネットワーク分業(81)
アジア力(82)
ものづくり(82)
プラザ合意(82)
FDI(82)
現地調達(83)
インフラ整備(83)
グローバル情報革命(83)
金融資本主義(84)
機関投資家(84)
カネつくり(84)
CAP(86)
広域地域経済圏(86)
農業協同組合(87)
逆ざや(87)
農業基本法(87)
マーケットイン(89)
営農販売会社(89)
日本食ブーム(90)
中山間地農村(90)
外需(輸出)依存度(92)
経済連携協定(94)
EPA(94)
聖域(94)
中野剛志(95)
自由貿易(95)
自由貿易協定(96)
マネー資本主義(96)

《参考文献》
『イギリス帝国の歴史ーアジアから考える』秋田茂,中公新書,2012
『砂糖の世界史』川北稔,岩波ジュニア新書,1996
『イギリス近代史講義』川北稔,講談社現代新書,2010
『産業経営』第40号,早稲田大学産業経営研究所,2006(「タイの自動車産業自立化における日系企業の役割」川邉信雄)
『景観の大英帝国ー絶頂期の帝国システム』A.J.クリストファー,川北稔訳,三嶺書房,1995
『真珠湾収容所の捕虜たち』オーティス・ケーリ,ちくま学芸文庫,2013
『日本農業の真実』生源寺眞一,ちくま新書,2011
『アジア力の世紀ーどう生き抜くのか』進藤榮一,岩波新書,2013
『銃・病原菌・鉄:1万3000年にわたる人類史の謎(上・下)』ジャレド・ダイアモンド,倉骨彰訳,草思社,2000
『フィールド・レポート No.1』JICA Reserch Institute,2013(「機械産業におけるフラグメンテーションの進展と貿易コスト削減への政策的課題」中田亮輔)
『栽培作物と農耕の起源』中尾佐助,岩波新書,1966
『TTP亡国論』中野剛志,集英社新書,2011
『反・自由貿易』中野剛志,新潮新書,2013
『グローバル時代のアジア地域統合ー日米中関係とTTPのゆくえ』羽場久美子,岩波ブックレット,2012
『強欲の帝国ーウォール街に乗っ取られたアメリカ』チャールズ・ファーガソン,藤井清美訳,早川書房,2014
『戦国日本におけるアメリカのソフト・パワーー半永久的依存の起源』松田武,岩波書店,2008
『里山資本主義ー日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷浩介,NHK広島取材班,角川oneテーマ21,2013

f:id:AkisaMiyona:20171202220620j:plain

 

グローバル化と私たちの社会 5

会計基準のグローバル化

【予習】キーワードと重要語句を自分の言葉でまとめる
【復習】参考文献を読む

《キーワード》
国際会計基準
国際財務報告基準(IFRS)
国際会計基準審議会(IASB)
米国財務会計基準審議会(FASB)
企業会計基準委員会(ASBJ)
東京合意
コンバージェンス
エンドースメント

《重要語句》
(巻末索引に掲載されている語句。語句(ページ数)の順)
会計責任(accountability)(65)
企業情報の開示(disclosure)(65)
会社法(66)
金融商品取引法(略称、金商法)(66)
会計基準(66)
比較可能性(66)
ディスクロージャー(67)
IASC(67)
国際会計基準(67)
証券監督者国際機構(68)
IOSCO(68)
国際会計基準審議会(68)
IASB(68)
国際財務報告基準(68)
IFRS(68)
米国財務会計基準審議会(69)
FASB(69)
ノーウォーク合意(69)
米国証券取引委員会(69)
SEC(69)
レジェンド問題(70)
会計ビッグバン(71)
企業会計基準委員会(71)
ASBJ(71)
東京合意(71)
主体的なIFRS(72)
ピュアIFRS(72)
アドプション(73)
エンドースメント(73)
コンバージェンス(73)

《参考文献》
『企業会計』第66巻第1号,中央経済社,2014(「IFRSのエンドースメントをめぐる制度的課題」辻山栄子,33-42頁),
『企業会計』第66巻第1号,中央経済社,2014(「岐路に立つ企業会計制度」伊藤邦雄,鶯地隆継,84-109)
『ANNUAL REPORT 2013』IFRS Foundation,2014

f:id:AkisaMiyona:20171202220620j:plain

 

グローバル化と私たちの社会 4

グローバル化する企業活動

【予習】キーワードと重要語句を自分の言葉でまとめる
【復習】参考文献を読む

《キーワード》
海外直接投資
サプライチェーン
トランスナショナル型組織
グローバル化

《重要語句》
(巻末索引に掲載されている語句。語句(ページ数)の順)
輸送技術(55)
情報技術(55)
ライセンシング(56)
対外間接投資(56)
対内直接投資(56)
合弁(56)
対外直接投資(56)
海外直接投資(56)
サプライチェーン(57)
世界最適経営(57)
トランスナショナル型企業(59)
グローバル人材(60)
日本的人事制度(61)

《参考文献》
『1からの経営学』第8章,加護野忠男,吉村典久編著,中央経済社,2006(「国際化のマネジメント」石井真一,稲葉祐之)
『新版 理論とケースで学ぶ国際ビジネス』第1章,江夏健一,桑名義春編著,同文館出版,2006(「国際ビジネスとは」桑名義春)
『通商白書2013』経済産業省,2013a
『第42回 海外事業活動基本調査(2012年7月調査)概要』経済産業省,2013b
『専門基礎ライブラリー経営学2:グローバル・環境・情報社会とマネジメント』周佐嘉和,竹川宏子,辻井洋行,仲本大輔,実務出版,2009
『人的資源管理』第13章,原田順子,奥村康司,放送大学教育振興会,2014(「グローバル人材」中村志保)
『地球市場時代の企業戦略』C.A.バートレット,S.ゴシャール,吉原秀樹監訳,日本経済新聞社,1990
『グローバル組織開発』D.A.ヒーナン,H.V.パールミュッター,江夏健一,奥山恒一監訳,文眞堂,1990
『松明は自分の手で』藤沢武夫,PHP研究所,2009
『新訂 国際経営』第2章,原田順子,洞口治夫,放送大学教育振興会(「多国籍企業の参入形態」洞口治夫)
『テキスト経営・人事入門』宮下清,創成社,2013
『国際経営論』吉原秀樹,放送大学教育振興会,2005

f:id:AkisaMiyona:20171202220620j:plain

 

マーロウ 2018 陶器カップ

2018年の陶器カップが出ましたね!

かっこいい。
波とヨット、かっこいい……。

いつ買おうかな(^_^)
渋い色のカップが出たら買おうかな。
楽しみだなー。

2018年、いったいどんな色の陶器カップが出てくるのか。
ほんとうに楽しみです。

いつも楽しませてくれて有り難うございます!
マーロウ様。

<(_ _)>