AkisaMiyona’s Blog

放送大学とナルコとパンと

アキサ ミヨナのブログ
今日はどんな1日でしたか?

歴代陶器ですと?

GINZA SIX出店で一気に身近になったマーロウ。
神奈川県横須賀市秋谷にあるレストランだが、レストランで出されているデザートのプリンだけ、横浜そごうなど数店で購入することができる。
ビーカーや陶器カップに入っているのが特徴の、大ぶりのプリンである。
月に2~3回は新商品が出て、顧客を飽きさせない努力がすごい。
今はさつまいも、栗、ハロウィンかぼちゃなどの季節もののほか、定番の味が7~8種類というところ。

私はプリンが入っている陶器カップに魂を取られてしまった。
プリンも美味しいけれど、マーロウのプリンを買う理由の80%以上は陶器カップほしさである。

マーロウの陶器カップの魅力は、 まずエンボスで模様がついているところ。
絵が描いてある陶器は好きではないが、凹凸で模様が入っているものにはものすごく弱い。

それから、釉薬のノリがひとつひとつ微妙に違うところ。
手に持っただけで微妙な厚さの違いがわかる。
釉薬の厚みが変わればカップ自体の色味も変わる。そのバラつきが好き。

そして一番好きなのは、コーヒーを飲むのにちょうどいい大きさというところである。 うちの食器は基本的にittalaのteemaなのだが、teemaのマグカップの形は好みでない。口径が広すぎる。 マグカップは、細身で大きすぎないサイズがいい。 マーロウの陶器カップは、私の好きな縦横比なのだ。 持ち手がなくても全然かまわない。

残念なことに、私が唯一買いに行けるGINZA SIX店で販売されている陶器カップにはすべて、キティちゃんやひつじのショーンがプリントされてしまっている(T T)
どうしてもシンプルな紅白カップがほしかったので、オークションで探して手に入れた。 空の容器をわざわざオークションで買うというのは、ちょっとおかしいだろうか。

9月にはGINZA SIX店限定の青カップを購入。
七宝柄。
サイトで見ていたときはあまり惹かれなかったのに、実物を見たらカッコよくてふたつも買ってしまった。

そんな陶器カップ好きの私に、このニュースである。
歴代の陶器カップに入ったプリンが発売される。
ネット限定だ。
どんなカップに入ってくるかはお楽しみだそうだ。

買っちゃうでしょ、これは。
どんなカップが来るんだろう。
楽しみで寝られそうもない(病気?)

m(_ _)m