AkisaMiyona’s Blog

放送大学とナルコとパンと

アキサ ミヨナのブログ
今日はどんな1日でしたか?

オレンジ豊作

うちはカリフォルニアでも瀬戸内でもなく関東地方。冬にはバリバリに霜柱が立つような気候ですが、庭にオレンジがなっています。

f:id:AkisaMiyona:20181210211026j:plain

樹高150cm足らず。いつもは2個しか実らないのに、今年はこの豊作ぶり。数えたら60個ありました。収量がいっきに30倍。びっくり。

なぜそんなに増えたかというと、施肥をしたから。今までもホームセンターで買った発酵鶏糞などをぼちぼちやっていたのですが、今年は須賀養鶏場さん(埼玉県久喜市)の鶏糞をどっといれました。

須賀養鶏場さんの卵が好きで月1~2で買いに行きます。ここの卵を食べるとスーパーの卵は買えなくなっちゃいます。須賀養鶏場さんの卵が切れるとがっかり。早く週末が来ないかと待ち遠しくなります。

須賀養鶏場さんの鶏たちはいい餌を食べているので、おそらくフンもパワーが違うんでしょうね。たんに鶏のフンならいいというものではないのですよね。考えてみれば当然なのですが、そこまで鶏糞というものについて考えたことがなかったです。どういう生き物が毎日どういう行動をしてどういうものを食べた結果なのか、フンというのはある意味その生き物の人生の集大成ともいえるわけです。

「鶏糞あります」の張り紙があったのでスーパーの袋に入れてもらおうと思ったら「あら、小さい畑でもこんなんじゃ全然足りないわよ」ということで、どでかい袋にいっぱい頂いてきました。

フンをただ乾燥させたもので、毛もいっぱい入っているという生々しさ。ホームセンターで売られている、粒々でニオイもほとんどない鶏糞しか知らなかった私はビビッてしまい、おそるおそる少しずつまいていました。

そのうちまくのも忘れてしまい、何ヵ月かして袋をあけたところ、水が入ってしまって泥んこ状態に。まずいと思い、慌てて袋から出してあちこちにやたらめったら施肥しました。そんなやり方ではよくないのでしょう。来年はもっと考えましょう。

この何ヵ月かの間に熟成(?)したのか、鶏さんの羽根は跡形もなくなくなっていました。

今までは花ばかりたくさん咲いて実はバタバタと落ちてしまい、2個しか残りませんでしたが、それでも花のすがすがしい香りが大好きで、「庭にオレンジがあるのはいいな」と思っていました。それに加えて60個も実をつけてくれるとなったらもう、オレンジさまさま。剪定も施肥も今まであまりにも適当にやってきたので、これからもう少し勉強いたします。

レタスは毎朝窓辺で収穫する

平日の朝に毎日サンドイッチを作っています。毎日2~3枚新鮮なレタスがほしい、ということでレタス栽培を始めました。

f:id:AkisaMiyona:20181208183518j:plain

500mlのペットボトルで10本育てています。まずバーミキュライトに種をまき、芽が伸びてスポンジで巻ける長さになったら定植。

f:id:AkisaMiyona:20181208183942j:plain

ペットボトルをアルミホイルで覆って500mlの水を入れ

f:id:AkisaMiyona:20181208184240j:plain

ハイポニカA液B液をそれぞれ1.5ml入れて

f:id:AkisaMiyona:20181208184008j:plain

スポンジで巻いた芽を差す。あとは週1でハイポニカ溶液を補充しながら待つだけ。30日くらい経つと

f:id:AkisaMiyona:20181208184433j:plain

f:id:AkisaMiyona:20181208184444j:plain

ワサワサ生えます。毎日、使う分だけ収穫します。10株あれば毎日サンドイッチを作っても間に合います。夏ならもっと急速に育つかもですね。栽培用の照明は当てず、日光のみ。夜も保温はしませんが、それでもワサワサ育ちます。

絶対に虫食いがない、泥がついていない。この2点がとても良い。同時期に外の庭に小松菜を植えてみたけれど、ナメクジに食べられてしまいました。夜ごとナメクジを退治して今はもう食べられていないのだけれど、数匹のナメクジがヌメヌメと葉っぱの上を這いまわっている姿を見てしまったものだから、もう食べる気がしない(^^;

アルミホイルで巻いておくと緑色の「藻」が出ず、いつまでも透明な水のまま。アルミホイルを取ってみると、透明な水に白い根が四方八方に張っている姿がキレイです。ドロドロの藻が発生したら、これまた食べる気がしなくなるでしょう。アルミホイルは大切。

蘭学堂のバターカステラ

広島・蘭学堂のバターカステラはプレーンも美味だけれど、我が家の家族は全員チョコレート味ファン。甘いものがあまり好きではない次男まで「めっちゃうまい」と言う。

f:id:AkisaMiyona:20181208182229j:plain

まず、パッケージにやられる。こーいうドット系のパターンに弱い私。この柄のトートバッグがほしいです。

f:id:AkisaMiyona:20181208182344j:plain

箱から取り出す。φ18cmのケーキ。

f:id:AkisaMiyona:20181208182420j:plain

カット!

f:id:AkisaMiyona:20181208182435j:plain

しっとりなんですよね。特にこの上面。

f:id:AkisaMiyona:20181208182508j:plain

ここがものすごくしっとり。

カステラって「あまあま」なイメージですが、このバターカステラは違うんです。バターが入っているからあっさりでもないけれど、コテコテでもない。コテコテのお菓子が苦手になってきた大人にちょうど良い味。

しかもこの大きさで1600円。プレーンにいたっては1100円。良心的すぎませんか。はちみつを使っていないので赤ちゃんが食べても大丈夫ですよ。

キッチンカウンター下:リビング側(2)

 キッチンカウンター下の石膏ボードを取り払い、完成したのがこちらの収納。

Before

f:id:AkisaMiyona:20180827105617j:plain

After 

f:id:AkisaMiyona:20181207174655j:plain

左端は扉つきの棚。

f:id:AkisaMiyona:20181207174824j:plain

中はこんな感じ。

f:id:AkisaMiyona:20181207174944j:plain

上2段は薬箱、氷枕、ウェットティッシュなど。下から2段目はネコさんご飯の在庫入れ。最下段はネコさんダイニングテーブル。

f:id:AkisaMiyona:20181207175142j:plain

f:id:AkisaMiyona:20181207175226j:plain

左から2番目は引き出し。

f:id:AkisaMiyona:20181207175411j:plain

材料はMDF。本体は10mm、引き出しは5.5mmです。この収納製作のメインです。これにいちばん時間がかかりました。

引き出しに入っているものは、上から

1 ナルコの薬、サプリ
2 裏が白い紙
3 コピー用紙
4 電池
5 文具のストック
6 カメラ、眼鏡
7 封筒等
8 書類等
9~11 夫のもの
12 ガムテープ、メジャー、ドライバー等

という感じ。できるかぎりムダなすきまなくビッシリと引き出しの箱を入れています。

その隣は本とファイルを入れる棚。

f:id:AkisaMiyona:20181207175616j:plain

右端は左端と同じような棚。

f:id:AkisaMiyona:20181207175741j:plain

いちばん上のアイロン置きは無塗装で。熱いまま入れても大丈夫。

という感じ。石膏ボード取り払った間柱に1×6材を取り付け、奥行きを14cm延長。で、A4ファイルも収納可能に。引き出しはA4用紙が入るサイズで。

棚板や天板などは手持ちの材料を使いました。購入したのは10mmと5.5mmのMDF、1×6材、塗料、取っ手、蝶番、アルミ平棒など。材料費は約15,000円でした。

2018陶器カップ納め

去年の秋には「歴代陶器カップ入り王様プリン」の販売があったので、今年もあるかと期待していましたが、ないようです。ということで今年の陶器カップ納め。

f:id:AkisaMiyona:20181207172640j:plain

今年はカラフル。

f:id:AkisaMiyona:20181207172718j:plain

GINZA SIX店限定版が4つ。

f:id:AkisaMiyona:20181207172755j:plain

手前の「赤扇」は今年一番のお気に入りです。

f:id:AkisaMiyona:20181207172831j:plain

 

f:id:AkisaMiyona:20181207172841j:plain

パソコンだと色味が変わってしまいますね。現物はもう少し深みがある感じ。

f:id:AkisaMiyona:20181207173013j:plain

キャメル色の祥瑞も素敵です。

f:id:AkisaMiyona:20181207172936j:plain

陶器入りのバスクチーズケーキ、出ましたね。見るたびに買おうか買うまいか迷います。白じゃなくて茶色だったら一も二もなく買う、かな。

あの陶器皿をうちで使うとしたらオーブン皿になると思うのですが、オーブン皿に白はいまいちなんですよね。焼けるので、どうしても真っ白にキープできない。以前、エミールアンリのオーバル型の白いグラタン皿を使っていましたが、だんだん薄汚れた感じになってきちゃうんです。

バスクチーズケーキが入っている陶器が、φ23cm、深さ(内寸)4cmくらいのカスエラだったら最高。オーブンで焼く料理やお菓子は茶色い器に入っているほうが好き。美味しそうに見えると思います。まったく個人的な意見ですけど、グラタンは透明な耐熱ガラス皿とか白いグラタン皿に入っているより、ちょっと厚めの茶色いオーブン皿に入っているほうが美味しそうに感じます。

さあ、来年はどんなデザインになるのかな。いまから楽しみです。

キッチンカウンター下:リビング側(1)

大工さんだって、思ってないわけです。
こんなとこをさらされるとは。

f:id:AkisaMiyona:20180827105617j:plain

今日から少しずつ、キッチンカウンター下のリフォーム記録をアップしたいと思います。

上の写真は、キッチンカウンター下の石膏ボードを取り払って、向こう側の石膏ボードに白のクロスを貼ったところです。

f:id:AkisaMiyona:20180827105810j:plain

間柱は、こんなふうに綺麗なところもあります♪

f:id:AkisaMiyona:20180827105901j:plain

でもまあ普通はこんな感じですかねぇ(^^;)

f:id:AkisaMiyona:20180827105935j:plain

隠れるところですもん。
普通、誰も暴かないですもん、こんなところを。

f:id:AkisaMiyona:20180827110023j:plain

ビスも出てます。

f:id:AkisaMiyona:20180827110112j:plain

こんなに!
間柱ねらったけど外れちゃったのかな?と思ったけど、柱と柱の真ん中かぁ……。
作った大工さんの狙いは何だったのか?と考えるのも楽しい。

f:id:AkisaMiyona:20180827110150j:plain

こんな感じで白く塗って、棚や引き出しを作っていきます。

糖質量がすごすぎる!! 怖ろしい画像・2

これも数年前。
子供たちの何パーティーだったか...。

f:id:AkisaMiyona:20180829173145j:plain

土台はチョコレートグラスをコーティングしたポップコーン。
さくさくパンダのポッキー刺しやら、鈴カステラのポッキー刺しやらを刺しまくってます(T_T)

子供ウケはよかったですよ。
よかったけれども、それでよかったんでしょうか...。
なんともいえない罪悪感です。
せめてフルーツの盛り合わせとかにしておいたら、罪悪感はなかったのかも?

そういえばこのあと、ひとりの女の子がお手紙をくれたんですよ。
あんなお菓子は初めて見た。初めて食べた。とてもおいしかった。とても楽しかった。ありがとうございましたっていう内容でした。
未だに宝物入れに入れてありますよ。
とても嬉しかった思い出 !(^^)!