AkisaMiyona’s Blog

放送大学とナルコとパンと

アキサ ミヨナのブログ
今日はどんな1日でしたか?

オレンジ豊作

うちはカリフォルニアでも瀬戸内でもなく関東地方。冬にはバリバリに霜柱が立つような気候ですが、庭にオレンジがなっています。

f:id:AkisaMiyona:20181210211026j:plain

樹高150cm足らず。いつもは2個しか実らないのに、今年はこの豊作ぶり。数えたら60個ありました。収量がいっきに30倍。びっくり。

なぜそんなに増えたかというと、施肥をしたから。今までもホームセンターで買った発酵鶏糞などをぼちぼちやっていたのですが、今年は須賀養鶏場さん(埼玉県久喜市)の鶏糞をどっといれました。

須賀養鶏場さんの卵が好きで月1~2で買いに行きます。ここの卵を食べるとスーパーの卵は買えなくなっちゃいます。須賀養鶏場さんの卵が切れるとがっかり。早く週末が来ないかと待ち遠しくなります。

須賀養鶏場さんの鶏たちはいい餌を食べているので、おそらくフンもパワーが違うんでしょうね。たんに鶏のフンならいいというものではないのですよね。考えてみれば当然なのですが、そこまで鶏糞というものについて考えたことがなかったです。どういう生き物が毎日どういう行動をしてどういうものを食べた結果なのか、フンというのはある意味その生き物の人生の集大成ともいえるわけです。

「鶏糞あります」の張り紙があったのでスーパーの袋に入れてもらおうと思ったら「あら、小さい畑でもこんなんじゃ全然足りないわよ」ということで、どでかい袋にいっぱい頂いてきました。

フンをただ乾燥させたもので、毛もいっぱい入っているという生々しさ。ホームセンターで売られている、粒々でニオイもほとんどない鶏糞しか知らなかった私はビビッてしまい、おそるおそる少しずつまいていました。

そのうちまくのも忘れてしまい、何ヵ月かして袋をあけたところ、水が入ってしまって泥んこ状態に。まずいと思い、慌てて袋から出してあちこちにやたらめったら施肥しました。そんなやり方ではよくないのでしょう。来年はもっと考えましょう。

この何ヵ月かの間に熟成(?)したのか、鶏さんの羽根は跡形もなくなくなっていました。

今までは花ばかりたくさん咲いて実はバタバタと落ちてしまい、2個しか残りませんでしたが、それでも花のすがすがしい香りが大好きで、「庭にオレンジがあるのはいいな」と思っていました。それに加えて60個も実をつけてくれるとなったらもう、オレンジさまさま。剪定も施肥も今まであまりにも適当にやってきたので、これからもう少し勉強いたします。